不用品(粗大ごみ)を一番安く処分する方法

不用品の処分方法には大きく分けて『売る』『譲る』『捨てる』の3つがあることはご存知ですよね。

では引っ越しの状況や不用品の内容に合わせて一番安く処分する方法を考えていきましょう。

不用品を売るときは、専門業者やリサイクルショップへ持参します。
買い取りが可能であれば最もオススメの方法です。

ただしリサイクルショップまで運ぶ必要があるなど手間もかかるので予定をきちんと立てたいものです。

不用品のもらい手が見つかる場合は友人や知人に譲りましょう。

市区町村の役所など掲示板を利用して必要としている人に譲るのもいいですね。

この方法だと再利用できるだけではなく、処分費用もかからないためとってもエコです。

売ったり譲ったりできないものは『粗大ごみ』として処分しましょう。
ただし粗大ごみの処分には手数料が必要です。

不用品の種類や大きさによって手数料が異なるため確認が必要でしょう。

最近は、引っ越し業者が不用品の引き取りや買い取りをしてくれるところが多くなっています。

引っ越しと同じタイミングで処分できるため、スムーズに済ませる方法としては一番です。

しかし中には特別な処分方法が必要なものもありますので処分する際は十分注意して、様々な方法の中からご自身の時間と予算を考慮して最適な方法を選んでみてくださいね。

お住まいの地域の自治体(行政)に依頼

居住地の自治体へ不用品回収を依頼する場合を考えてみましょう。

不用品を安く処分したいのならばこの方法で引き取ってもらうことが一番安価な方法です。

さらに自分でごみ処理センターまで搬入することができれば、重さで測ることになるのでより安く済むでしょう。

しかし処分出来る対象が限られる、回収場所まで自分で運ばなくてはいけない、指定日にしか捨てられないという制限もあります。

市区町村では家電リサイクル対象商品をはじめ、処分できないものも多くありますので必ず確認が必要ですし、回収費用は安いのですが、依頼には予約が必要で収集日時がある程度指定されてしまうためスケジュール調整が必要です。

また当日の追加などは一切出来ません。

家具などの大きな物も指定場所まで自分で運搬する必要があるので、女性や高齢の方には少し厳しい作業になります。

リサイクルショップに買い取ってもらう

不用品や粗大ごみと思っているものが実は売れるということもあります。

壊れていてもジャンク品として引き取ってくれる場合もあるので、リサイクルショップに持参するといいですね。

買い取り出来ない場合は引き取ってくれる場合もありますし、処分費用は軽減されますから上手に利用したいものです。

ただし、ある程度良品でないと買い取りは難しく、大きなものであれば車を持っていないと持ち込みが不可能になります。

また近年ではネットオークションなどを利用しての買い取りも増えています。

ネットオークションを利用する場合、買い手がつくかはわからない反面、思いもよらない買い取り価格で引き取ってくれる人が現れるかもしれません。

引っ越しまでに余裕のある方にはこういった方法もオススメですね。

引越し業者に処分を依頼する

引っ越しの不用品を処分するには引っ越し業者に依頼するのがもっとも手間がかからない方法です。

ただし引っ越し業者によっては不用品引き取りを行っていないところや、一部不用品のみ引き取りするところもありますので事前に確認しておきましょう。

ある引っ越し業者は、不用品の種類や年数に応じて買い取りサービスを行っていますが、買い取りできないものに関しては廃棄費用が別途必要です。

例えば冷蔵庫・洗濯機などの家電類であれば、製造より6年以内のもの、家具類であれば購入から6年以内のものが買い取りの対象となります。

その他雑貨なども買い取ってくれる場合があります。

民間の粗大ごみ回収業者に依頼する

民間の粗大ごみ回収業者は即日対応が可能な場合もあるので自己都合で処分ができる点が魅力です。

部屋から運び出してくれ、解体も無料で行ってくれるところが多いため、余計な手間や料金がかかりません。

また自治体で引き取り拒否されたものでも回収してくれる可能性があります。

一方自分で民間の粗大ごみ回収業者を探し依頼する必要があり、見積もりに来てもらう日など設定しなければならないので、引っ越し準備と同時進行だと大変ですね。

なんでも回収できる反面費用も割高となります。