自治体(行政)と民間業者の違い

不用品について、行政で回収してもらうのが良いのか、民間の不用品回収業者に回収してもらうのが良いのか、あまり利用しない私達には分からないですよね。

では行政と民間業者の不用品回収の違いを考えていきましょう。

行政の不用品回収は、日常的なごみの収集と一時的に依頼する回収の2種類がありますよね。

不用品として処分する場合は、主に一時的に粗大ごみとして回収を依頼するケースがほとんどだと思います。

行政に回収を依頼する場合は事前に電話やネットで予約し、回収物の大きさ、個数などを伝えておく必要があります。

その後粗大ごみ処理券をコンビニなどで購入し回収物に貼ります。

そして大きな特徴とも言えるのが、「回収物を外に出しておかなければいけない」という点です。

当日急遽追加をしたいなどの対応はできません。

ポイントとして行政は融通が利きにくいのですが安く処理ができるということでしょう。

民間の不用品回収業者の回収の場合はほとんどの不用品を回収してくれます。

またスケジュールや物量の変動などについても柔軟に対応するケースがほとんどです。

ただし回収物がまとまっていない、搬出距離が長いなどのケースでは費用がかさむことがあります。

ポイントとして民間は柔軟なサービスが受けられますが行政と比べ数倍の費用が掛かるということですね。

自治体(行政)のメリット・デメリット

行政に不用品を回収依頼することのメリットとデメリットについて説明したいと思います。

まずメリットは行政が委託している業者が回収を行うため悪質な業者に引っかかる心配がないということでしょう。

費用面でも民間の回収サービスに直接依頼するより代金が安く済みます。

回収の申し込みについては、電話・ホームページ等から行い、粗大ごみ処理券を購入し、指定の期日に指定の場所へ粗大ごみを出しておけば回収してくれます。

また直接持ち込めば、いわゆる業者の出張費に該当するものがない為さらに安くなります。

回収期日に余裕があり、家の中から指定の場所まで運ぶ手間が苦にならないのであれば十分メリットがあります。

一方デメリットとしては、家電リサイクル法に該当する不用品は該当しないことです。

そのため行政の定義する不用品の扱いから外れることが多々あります。

また民間では家の中から直接回収してくれるのに対し、行政の場合は自分で指定の場所まで運ぶ必要があります。

一軒家に住んでいるとしても玄関まで運び出すのは大変な労力を必要とします。

また行政に依頼する場合は原則平日の対応になるので、仕事などの関係で土、日、祝日でなければ対応できない人は、行政に依頼するのは難しいかもしれません。

このように代金が安かったり時間や人手に余裕があるのであれば行政を利用するとメリットがある半面、運び出したり時間的な融通が利く面では民間の不用品回収業者に依頼する方にメリットがあるようです。

民間業者のメリット・デメリット

行政による不用品回収では不可能なサービスが民間の不用品回収業者では可能です。

行政と比較して代金が高いからと単なる金額だけで決めずに、サービスを知って利点を確認しておくと良いでしょう。

不用品回収業者を使用する最大のメリットは、運び出せる物であれば基本的にはどんな物でも回収してくれるところでしょう。

例えば家電リサイクル法に該当する家電製品をごみとして出そうとした場合、民間の不用品回収業者であれば回収可能です。

他にも不用品を部屋から直接運び出してくれる点も不用品回収業者ならではの利点です。

さらに不用品回収業者は平日も土日も関係なく対応してくれますので、時間に余裕がないケースには不用品回収業者の出番でしょう。

一方で引き取り処分してもらう物の品目や品数によっては料金が高くなってしまう傾向があるので注意が必要です。

有害物品・汚物等の物品は引き取りできない可能性もあるので確認が必要ですし、中には違法業者の存在も考えられますので許認可を取得しているか事前確認を怠らないようにしましょう。

また民間業者は許認可を受けている営業管轄内でしか引き取り処分することができませんよ。

当然業者によって許認可条件やエリアが異なってきますので、前もってきちんとチェックしておくことが大切です。

各業者の営業可能エリアについて詳細を知りたい場合は直接業者に電話で問い合わせをするのが一番でしょう。