テレビ処分相場

テレビの処分ですが、テレビは特定家庭用機器として指定されています。

よって、特定家庭用機器再商品化法つまり家電リサイクル法に沿った処分が必要となるのです。

ちなみに、家電リサイクル法では、エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機の4品目が特定家庭用機器として指定され、 小売業者は「排出者からの引取りと製造業者等への引渡し」、製造業者(メーカー)等は「引取りとリサイクル(再商品化等)」といった役割をそれぞれが分担し、リサイクルを推進することが義務づけられています。

また、その際、引取りを求めた排出者は小売業者や製造業者等からの求めに応じ、料金を支払うことになります。

さて、テレビのリサイクル料金が具体的にいくらになるか、見てみましょう。

主要メーカーのテレビリサイクル料金(ブラウン管式テレビ及び液晶・プラズマ式テレビ)は小型(画面サイズ 15型以下)1,700円前後、大型(画面サイズ 16型以上)2,700円前後となっています。

これに加えて、各業者が設定している収集・運搬手数料がかかります。

これは物や場所等、条件によって様々ですが、500~5,000円くらいとみておいてもいいでしょう。

テレビは、アナログテレビであれば、結構な重量がしますし、運搬が大変かもしれません。

比較的大きな型のアナログテレビを捨てる際は、相当の腕力が必要となります。

この場合、リサイクル料金+収集・運搬手数料をしっかり支払って、業者に回収に来てもらった方がいいでしょう。

ただ、近年のデジタルテレビは軽量なものが多く、あんまり大型でなければ、一人で持ち込みが可能でしょう。

一人で、持ち運びが可能であれば、家電販売店に持ち込んで、処分してもらいましょう。

テレビを再利用してみる

テレビを処分すれば、リサイクル料金が発生し、お金がかかりますよね。

お金を払わずに処分する方法として、リサイクルショップに持ち込んでみたり、オークションに出品してみたり、無料回収業者にお願いしたり、または、友人・知人にあげたり、といろいろなやり方があるかと思います。

そもそも、テレビは、他の家電製品と違い、アナログテレビとデジタルテレビと全く違う2つのものが存在しており、前者においてはほとんど価値がない場合が多いのです。

よって、デジタルテレビはお金をかけずに処分できる可能性が比較的高いのですが、アナログテレビをお金をかけずに処分するのは難しいでしょう。

では、どうするか、アナログテレビは処分せずに再利用してみるというのはどうでしょうか。

ちょっと待ってよ。
アナログテレビは、地上波での放送を終えているから、再利用もへったくれもないじゃん。
専用のチューナーを買えということか。

いえ、そういうことをいっているのではありません。

アナログテレビ、ブラウン管のテレビを全く違う用途で使ってみることを提案してみたいと思います。

ブラウン管テレビは、その中身を見ると意外とすっきりした作りになっています。

中身のコンピュータを取り出して、空洞にしてみましょう。

どうですか、意外と広々としていませんか。

これを収納スペースとして使ってみるのはどうでしょうか。

結構なものが収納できるのではないでしょうか。

また、他の使い方として、中身を取り出して空いたスペースに水槽を取り付けるという、つわものまでいます。

これには高度な技術が必要かと思いますが、今ネットでどのようにするのか、やり方を載せていたりします。

大いに参考にしましょう。

他にも、こんなことをしている人もいます。

アナログテレビを見てみると、なかなかお洒落なつくりをしていると思いませんか。

これを利用して、お部屋のインテリアとして再利用している人も多いようです。

アンティークとして、使えそうですよね。

せっかく買ったテレビです。

いろいろな形で再利用を考えてみるのもいいのかもしれません。