エアコン処分

エアコンを処分するのはどんな時でしょうか。

エアコンは寿命が10年くらいと言われていますが、最近のはそれ以上に長持ちします。

ですから、実際は、そう処分することはないのかもしれません。

賃貸物件に住んでいて、引っ越しをする場合、その必要が出てくるかもしれません。

そう賃貸借契約書に記載されている『原状回復』です。

これは借りた時の状態に戻さなければいけないという契約になります。

この契約で一番悩まれることが「エアコン」についてです。

もし、あなたが賃貸物件に入居する前にエアコンがついていない状態で、その後エアコンを取り付けたのであれば、基本、エアコンを取り外さなければいけません。

不動産会社や大家さんが、そのまま付けておいても構わない、と言ってくれれば取り外さなくて済みます。

もし、不動産会社や大家さんから、原状回復して下さい、と言われてしまった場合には、契約どおり原状に戻す必要があるため、エアコンを取り外さなければいけません。

取り外したエアコンをどうするかについてですが、新しく住む家にエアコンがついていなければ持っていってそのまま使えることもできます。

もしエアコンがついていた場合は、やはり、エアコンを取り外して処分ということになります。

エアコンを処分する場合、家電リサイクル法に指定されている家電製品にあたるため、処分費用を支払って処分して頂かないといけません。

あなたがエアコンを購入した小売店か近くの小売店、または、買い替えをする場合は新しく買った小売店に処分を依頼することができます。

その他の処分方法としては、知人や友人などに欲しい方がいれば差し上げるということも可能ですし、リサイクルショップなどの買取り業者に買い取ってもらったり、オークションなどを利用して自分で売るということもできます。

また、エアコンを無料で回収するサービスを行っている業者さんもありますので、一度、インターネットで検索してみるのもいいのかもしれません。

その際の注意点ですが、悪徳業者を選んでしまうと、必要な部品を抜き取ってあとは不法投棄ということにもなりかねませんので、古物商や廃棄物処理の許可を受けている業者を選ぶようにしましょう。

エアコン無料回収

エアコンを処分しようとすると、基本的には、家電リサイクル法に則りリサイクル料金等の処分費用を支払わなければなりません。

しかし、エアコンを無料で回収する業者が多く存在するのも事実です。

これは一体なぜなのでしょうか。

また、そこにはどのような仕組みがあるのでしょうか。

実は、エアコンには、銅やアルミニウムなどの金属が含まれていて、それらを資源として売ることができるのです。

室外機などと合わせると、数千円と結構な金額で売ることができるようです。

もちろん、金額は相場の変動によって変わります。

しかし、これにより、もしあなたから無料で回収したとしても、エアコンから生じた資源を売ることにより儲けることができるわけです。

また、無料で回収したエアコンを修理して、リサイクルショップや消費者に中古品として売る業者もいるようです。

中には、2・3台のエアコンの部品を組み合わせて再商品化して売っている業者もいるようです。

無料回収業者はこのようにして、エアコンを上手に処分したり、再利用したりしているわけです。

その他として、海外へ輸出してバイヤーに売る場合もあります。

(これは違法になる場合があります)

どちらにしても、あなたが使えなくなったと思っているエアコンでも、実は宝物であって、それをお金に変える仕組みを取り入れているので、無料回収ができる仕組みとなっています。

ただ、これを巧みに利用し、不法にお金を請求したり、不法投棄を行ったり、不法に輸出したりする悪徳な業者も存在しているので、『無料』というキーワードには注意が必要です。