家具の処分

最近、家具を買うこと・処分することが少なくなった様に感じます。

なぜなら、最近のアパートやマンションでは、家具等備え付けの物件が増えてきたのもあるでしょうし、そもそも家具を買い換えることは一生のうち、そんなに多くはないように思います。

だいたい、引っ越しをしても、家具を使いまわしたりしますもんね。

また家具に思い入れがあり、捨てることが出来ずに、友人や知人にあげてしまうこともあるでしょう。

加えて、近年では高機能な家やマンション・アパートが増えたため、大型の家具が不要になるお宅が増えています。

よって、あまり家具の処分を考えることはないのかもしれません。

しかし、使っている家具が劣化し、買い換えることになるかもしれません。

引っ越しの際、処分しようと決めた家具が出てくるかもしれません。

そんな方のため、処分の方法を見ていきたいと思います。

まず一つに自治体に有料回収してもらう方法があります。

自治体に収集を依頼し、必要となるゴミ処理券の金額や受付番号などを聞きましょう。

次に、ゴミ処理券をコンビニやスーパーなどの取扱店で購入します。

この際、処分するものによって金額が変わってきますので、間違えないように注意しましょう。

最後に、ゴミ処理券に受付番号などの必要事項を記入し貼り付け、回収日当日の朝に指定の場所へと運びます。

メリットとしては料金もそれほど高くなく、自治体なので安心できることでしょう。

その代わり、手続きが面倒で、時間がかかってしまいます。

また、出す日にちが決められているため、これらの手続きなどと合わせると1週間ほどかかってしまうこともあります。

次に不用品回収業者に回収してもらう方法があります。

まずは電話やインターネットなどから見積もり依頼を行います。

見積もりの際には依頼日なども指定できますが、急ぎの場合は見積もり依頼をしないでも回収してもらえます。

ただ、査定がより正確になるので、できるだけした方が良いでしょう。

見積もりが終わったら、後は回収業者に自宅まで回収しに来てもらうだけです。

メリットとしては、何と言っても自宅まで回収しに来てくれることです。

お住まいがマンションであったり、一人暮らしのため家具を集積所まで運ぶことが困難な場合などには非常に便利ですよ。

デメリットとしては、基本料に加えて運搬費などの諸経費が加算されるため、やや割高になってしまう所です。

また、リサイクルショップに買い取ってもらうという手もあります。

比較的状態がよければ、引き取ってもらえます。

メリットとしては、当然のことながら処分に費用がかかるどころか、お金をもらえるということです。

高級ソファや大型のダイニングテーブルセットなどはそれなりの値段で引き取ってもらえるでしょう。

購入した年代や損傷の具合によって変動しますが、いくらかお金になれば儲けものです。

デメリットとしては、店まで運ぶ作業があるため大変ですし、安いものだと二束三文にしかならないことがあることです。

労力に見合ったお金をもらえるかどうかは、家具によって違ってくるので一概に優れた処分法とは言い切れません。

また、引っ越し業者に家具の処分を依頼するという手もあります。

引っ越しの際、引っ越し業者にも家具の処分を依頼できます。

処分料金は引っ越し業者によって違ってくるので一概には言えませんが、場合によっては無料で処分してくれることもあるようです。

家具の無料回収

家具の無料回収は可能なのでしょうか。

実際、価値のある家具であれば、無料回収してもらえても不思議ではありません。

業者は無料で回収して、売れば利益になりますから。

ですが、価値のない家具を無料で回収しても業者にはいいことはありません。

後から、回収自体は無料だが運搬料がかかる、と言い、高額な料金を請求してくる業者に変わるかもしれませんので、注意が必要です。

無料回収業者に依頼する場合は、しっかり調べた上で頼むようにしましょう。

でなければ、逆に損するかもしれません。