家具処分の相場

家具と一口でいっても、様々なものがあります。

代表的な家具の種類を少し見てみましょう。

タンス 、電気ストーブ、ダイニングテーブルセット、ソファ、ベッド、本棚、カラーボックス等がありますね。

すべて生活に必要な家具ばかりです。

その処分相場ですが、自治体に頼めば、家具一つあたり200円~1,500円くらいで処分できます。

不用品回収業者に頼めば、タンス4,000~6,000円、電気ストーブ1,000円~2,000円、ダイニングテーブルセット3,000~4,000円、 ソファ3,000~4,000円、ベッド4,000~5,000円、本棚5,000~6,000円、カラーボックス500~1,000円くらいとなります。

自治体に頼むのが安上がりではありますが、自治体に収集を依頼し、必要となるゴミ処理券の金額や受付番号などを聞き、ゴミ処理券をコンビニやスーパーなどの取扱店で購入し、ゴミ処理券に受付番号などの必要事項を記入し貼り付けるという手間が必要となります。

不用品回収業者に頼むのが一番、楽ではありますが、コストがかかるのが悩ましいとことではあります。

家具の処分費用を抑えるには

家具の処分は大変です。

運び出すにも重たいし、その上費用までかかる。

なるべく捨てずに再利用した方がいいのかもしれません。

まず、引っ越しついでに家具の処分を考えている方は、引っ越し業者に引き取ってもらうという手があります。

例えば、クロネコヤマトでは、ヤマトホームコンビニエンスという会社で不用品買取サービスを行っています。

ここに頼んで、不用品となった家具を引き取ってもらえば、処分費用が無料になるどころか、査定によっては、相応のお金が支払われることになります。

ですが、ここで注意したいのは、その対象となる家具は、ヤマトホームコンビニエンスの場合、購入より6年以内のものとなっています。

古いものは買い取ってもらえず、やはり処分費用が必要となります。

他に、リサイクルショップに買い取ってもらうという手もあります。

比較的状態がよければ、引き取ってもらえます。

処分に費用がかかるどころか、お金をもらえるということもあり、売れるものなら売ってしまうのが一番です。

高級ソファや大型のダイニングテーブルセットなどはそれなりの値段で引き取ってもらえるでしょう。

購入した年代や損傷の具合によって変動しますが、いくらかお金になれば儲けものです。

また、家具を処分する場合、オークションに出品してみるのもいいのかもしれません。

今日、お洒落なインテリアに注目が集まっています。

ネットが普及した今、インターネットオークションを使って、売れそうな家具を出品してみましょう。

ヤフオクや楽天オークション、モバオク等が有名ですよね。

ここでは数多くの家具が出品されています。

意外と自分では気がつかなかった価値が、お持ちの家具にあるかもしれません。

最後に、やはり家具とは長い間生活をともにしてきたもの、なかなか簡単には捨てられませんよね。

大事にとっておくのもいいのかもしれません。

そして来るべき時が来た時に手放すようにすればいいのかと思います。

昔は、花嫁の嫁入り道具として、タンスや鏡台等の家具がその役割を担ったものです。

今日、嫁入り道具として、家具を持たせることは少なくなったのかもしれません。

イケヤやニトリ等、低価格の家具販売店の台頭もあり、嫁入りの際、持っていかなくとも、その時に買えばいい、という考えが定着しつつあります。

消費社会の今日、これは当たり前のことですが、しかし、そんな世の中だからこそ、家具を大事にし、処分をせず取っておいてもいいのかも知れません。

そして、自分の娘が嫁に行くときに、それを嫁入り道具として持っていってくれたら、こんなに家具を有効活用することはないんじゃないかと思います。

これが一番、家具にお金をかけない方法かと思います。