庭石処分

庭石は近年では、あまり見られなくなったかもしれません。

一昔前は、庭といえば日本庭園風のレイアウトが一般的でした。

都市部では坪庭が精いっぱいという家が多かったですが、地方へ行くと立派な庭のある家も珍しくありません。

日本庭園は樹木を植えたり池を作ったりするほか、装飾品として石を置く場合も多いです。

また、雑草が生えたり防犯性を高めたりするために、砂利を敷くこともあります。

庭石は、小さいものから大きなものまでさまざまなサイズがあり、立派な庭だとかなり大きな石が置かれていることもあるのです。

しかし、今は純日本庭園を造る家はとても少なくなりました。

庭石が何かを分からない人も多いかもしれません。

庭石とは、庭園における天然石の日本独特の利用法で用いられる石のことです。

天然の岩石を庭の材料として用いるものとして選び出し、加工せず庭の要所に配置するもので、複数組み合わせて設置する場合は石組といいます。

日本庭園では必ず使用される庭園技法の肝ですが、欧米では天然石を加工せずにそのままの姿で利用することは極めて稀です。

この庭石の材質・配置で庭園の表情が決まると言うほどで、日本ではさまざまな技法が生まれたのです。

そんな庭石の処分ですが、小さい庭石や、少量の砂利ならば自治体にゴミとして処分を依頼できます。

砂利や石が何ごみになるかは自治体によって異なります。

燃えないごみに分類される自治体もありますし、埋め立てごみや破砕ごみに指定しているところもあるでしょう。

市役所のホームページや自治体が発行しているパンフレットに記載されていますから、出す前に必ず確認してください。

また、砂利や石は出せる量や大きさが決まっている場合も多いです。

砂利や石の量が多いという場合は、少しずつ出しましょう。

大きな石を処分したい場合、自力で壊せるのであれば、壊して持って行ってください。

石材店で石の破砕だけ請け負ってくれるところもあります。

大きな庭石を処分したいという場合は、石材店や専門の業者に処分してもらいましょう。

費用はかかりますが、それが一番確実な方法です。

庭石の処分費用の相場は業者によって異なりますが、大きな庭石ほど高額になります。

また、砂利は量が多ければ費用が高くなります。

他にも地元を中心とした、相互での庭石個人譲渡を扱うインターネットサイトもあるので、そのようなサイトで試しに庭石を貰ってくれる人を募集してみるという処分もありかもしれません。

また、ネットオークションに出品してみるのもいいのかもしれません。

意外と多くの庭石が出品されており、買い手がつく可能性もあります。

しかし、購入時から相当値下げされた金額として売られるでしょうが。

庭石の無料回収

庭石の無料回収は可能なのでしょうか。

これはなかなか難しいかもしれません。

庭石は重量があり、手間と労力がかかるからです。

聞くところによると、ホームセンターが回収している場合もあるそうです。

ホームセンターによっては、砂利や土を条件付きで回収しているところもあります。

早く処分したいという場合は、ホームセンターに持っていきましょう。

この際も、回収してくれる量や種類を守ってください。

また、石材店に引き取ってもらうという手もあります。

庭石の中には、高価なものもあります。

現在、日本では大きな庭石の需要がほとんどありません。

ですから、買い取ってもらうのは難しいでしょう。

しかし、「よい石なら無償で引き取ります」という業者はいます。

石も大きいほど処分費用がかかるのです。

無料でも引き取ってもらえるならば、引き取ってもらいましょう。

庭石の需要が低下している今、なかなかすべて無料で引き取ります、というところは少ないかもしれません。