庭石処分の相場

日本庭園には欠かせない庭石ですが、最近では日本庭園を必要としない傾向にあるようです。

そのため引越しやリフォームの際に庭石の処分に困る事もあると思います。

そんな庭石ですが、処分相場はどうなっているのでしょうか。

庭石の処分を造園業者に依頼した場合

庭の改造を造園業者に依頼する場合には、不必要となった庭石の処分も同時に行ってもらえるかもしれませんが、個人で行う時には自分で庭石の処分方法を考える必要があります。

小さな庭石ならば、穴を掘って埋めてしまうという方法が最も安上がりで簡単な処分方法と言えるようです。

しかし庭石が大きな物である場合にはそうも行かないでしょう。

その場合には近所に造園業者や石材屋さんがあるならば頼んでみてもいいかもしれません。

一番に、リフォームなどを頼むついでに引き取ってもらうのがいいでしょう。

この費用ですが、実は何ともいえません。

石の大きさ、重さ、種類、数などによって大きく変動するでしょうから。

庭石の処分を解体業者に依頼した場合

その他には解体業者に庭石の引き取りを依頼し処分してもらう方法もあります。

ただこれは費用が高くつきます。

大きな庭石ともなると処分に重機を使用する必要もあるので、処分費用が数万円から十万円ほど掛かる事もあるようです。

また、処分価格の目安は1㎏当たり40円です。他にクレーン等を使用する場合は1日当たり30,000円程度の追加費用がかかります。

どうしても庭石を処分したいけれども他に方法が無い場合に選択する事になりますが、なるべくならば庭石の処分にはお金を掛けたくはないものです。

個人譲渡による庭石処分

地元を中心とした、相互での庭石個人譲渡を扱うインターネットサイトもあるので、そのようなサイトで試しに庭石を貰ってくれる人を募集してみるというのもありかもしれません。

なかなか難しいでしょうが、何もしないよりはやったほうがマシです。

とにかく出してみましょう。

無料での取引ならば引き取ってくれる人が見つかる可能性もあるかもしれません。

庭石の処分費用を抑えるには

今日、庭石を喜んで引き取ってくれる業者は、ほぼないといってもいいでしょう。

需要があまりない上に、手間や労力がかかるため、どの業者も敬遠するでしょう。

ならば、自分でなんとかしてみたら、意外と費用を抑えることができるかもしれません。

その方法の一つとして、誰かにゆずるというのはどうでしょうか。

中には、庭石や砂利を欲しがっている人もいます。

自治体が発行する広報誌などの「譲りますコーナー」で募集をかけると、譲り先が決まる場合もあるかもしれません。

また、インターネットを使って募集もできますが、大きな庭石や砂利は郵送費用がかなりかかります。

売値が郵送費用を上まれば、売ることにしましょう。

また、石材店にお願いして引き取ってもらう手があります。

しかし、今日の石材店も、需要があまりなく、しかも中古の庭石を、手間隙かけて引き取ろうとはしないかもしれません。

ここは、様子を見て、ダメであればやめておきましょう。

また、強引な手段として、庭石を庭に埋めるという手があります。

小さい石や砂利などは、庭に埋めてしまうという方法もあります。

また大きな石も、やれるのであれば、破砕し、埋めてしまってもいいかもしれません。

埋めるぐらい掘れることができればいいのですが、あまり掘れないのであればいっそうアスファルトなどをその上から敷いて、強引に埋めてしまってもいいのかもしれません。

これなら多少何かが埋まっていても問題ありません。

庭石の処分は、本当に大変です。

庭石は、処分をするというよりも、これをオブジェとして利用したり、物置として使ったり、漬物石として利用したり、と再利用の道を考えてもいいのかもしれません。