お仏壇処分

お仏壇を処分する、それはどんな時でしょうか。

基本的にはあまりないのかと思います。

ただあまりに古くなったりしたら買い替えを考えるかもしれません。

そんな時、古くなったお仏壇はどのように処理すればいいのでしょうか。

処理の方法としては主に、三つあります。

一つ目は、不用品回収業者に依頼する方法です。

いらなくなったお仏壇は不用品回収業者にお願いして処分しましょう。

不用品回収業者ではお仏壇も回収してくれるところがあります。

そういったところは、大きいサイズのお仏壇も回収OKなので安心してください。

不用品回収業者のメリットは「スピーディーな対応」です。

すぐに処分したい、今日中に片付けたい人にはオススメの方法です。

また、不用品回収業者によってはまとめて処分した方が費用が安く済むところもあります。

お仏壇以外にも捨てたい不用品があれば一緒にまとめて処分しましょう。

その方が費用を安く抑えられますし、一気に要らないものが処分できるのでオススメです。

二つ目の方法として、仏具店で引き取ってもらう手があります。

お仏壇を販売している仏具店では新しい仏壇を購入する代わりに古いお仏壇を引き取るサービスを実施しているところもあります。

ほとんどのお店では古いお仏壇を引き取ってくれるでしょう。

念のため、先に問い合わせておいた方がいいかもしれません。

古いお仏壇を引き取ってくれるかどうかを。

新しいお仏壇に買い替えを検討している人は仏具店を利用しましょう。

仏具店の中には供養から処分まですべてを行ってくれるところもあります。

三つ目は、自治体の粗大ゴミとして処分する方法です。

お仏壇は自治体のゴミとして処分することも可能です。

粗大ゴミとして処分する場合は地元のコンビニやスーパーで粗大ゴミシールを購入し、処分したい仏壇に貼り付けなければなりません。

貼り付けたら指定されている回収場所に持っていきましょう。

あまりに重量がある場合は、自治体にお願いして引き取りに来てもらえるかどうか聞いてみましょう。

引き取りにきてくれない場合はプロの不用品回収業者に依頼した方が安心です。

お仏壇をそのまま処分してもいいのだろうか?

お仏壇には故人の魂が入っています。

お墓や仏壇に自然に魂が入ると言われていますが、「開眼法要」を行った時に、真に入ると言われています。

開眼法要とは仏壇の中に故人の魂を入れる法要のことです。

宗派によって行わないところもありますが、もし開眼法要を行っているお仏壇は必ず供養しなければならないので注意してください。

お仏壇に故人の魂が入ったまま処分すると故人の魂が行き場を失ってしまいます。

開眼法要を行った仏壇は魂を納める「閉眼法要」を行わなければなりません。

必ず行った上でお仏壇を処分しましょう。

故人の魂を大切にするためにも必要な行為なので必ず確認してくださいね。

ちなみに、お仏壇の供養を行うのは基本的にお墓があるお寺です。

「開眼法要」を行ったお寺に「閉眼法要」もお願いするとよいでしょう。

もし開眼法要を行っていない場合も、お仏壇の中に魂が入っているので必ず近くのお寺で供養をしてください。

お仏壇の供養を受け付けているお寺はたくさんあります。

近場のお寺に問い合わせてみましょう。

また、仏具店でも供養から処分のすべてを受け付けているところがあるのでそのお店を利用してみるのもいいのかもしれません。

どこで供養したらよいのかわからない人でも近場のお寺に相談してみましょう。

また、インターネットを利用して検索するのもよいでしょう。

面倒だからと供養もせずに仏壇を処分することだけでは絶対にしてはいけません。

故人の魂が安らかに眠られるように供養をきちんと行うのが私たちの責任です。